NTT DATA presents オープンイノベーションコンテスト 7.0 ファイナリスト賞を受賞しました。

NTT DATA presents オープンイノベーションコンテストとは、世界15都市で開催されるビジネスコンテストです。

ここ日本では、2018年1月19日に東京(NTT DATA本社/豊洲)において本戦が開催され、予選を通過した9社によって、東京代表の座、そしてファイナル進出をかけたピッチコンテストが実施されました。

弊社が掲げたイノベーションテーマは、デジタルマーケティング領域。
現在主力として企画・開発・提供を行っておりますチャットボットを活用したコミュニケーションチャネルの発展系モデルとして、「事業会社と顧客のコミュニケーションを向上させる”コンテンツ・シェアリング・モデル”」についてプレゼンテーションを実施させて頂きました。

結果は、誠に残念ながら最優秀賞の受賞とはならず、ファイナル進出を逃しました。。。

しかしながら、審査員であるNTT DATA ご担当者様より複数のオファーを頂くことができました。
今後、NTT DATA様との協業に向けたディスカッションをスタートしてまいります。

また、プレゼンテーション後の懇親会では、本コンテストをスポンサードされている大手銀行様をはじめとして、とても多くの企業の皆様からご質問やビジネス機会に関するご提案をいただきました。

改めてこのような機会をいただきましたこと、コンテストご関係者の皆様に御礼申し上げます。
なお、「ファイナリスト賞」を頂きましたことをご報告申し上げます。

これを励みに、さらに多くの皆様を幸せにできるソリューションへと育ててまいります。

 

NTT DATA presents オープンイノベーションコンテスト

“さあ、ともに世界を変えていこう”

世界は、貧困、飢餓、健康、衛生、教育、ジェンダーや国の不平等、エネルギー、気候変動、自然破壊、平和の維持などの様々な課題に直面しております。そして、これらを解決するために、世界中の人たちが先進技術や新しいビジネスモデルで国を超えて協力し合ってソリューションを生み出していくオープンイノベーションが、より重要となってきています。
NTTデータは、その本をただせば、国営企業として日本の通信インフラを担う役割から始まりました。その後、民間企業に転換、日本No.1のSIerとしてICT社会インフラを担ってきました。現在は世界50カ国以上でのグローバルなICTビジネスを推進してきました。
上記の課題を解決するために、NTTデータが培ってきたICT社会インフラと、ベンチャー企業の持つ革新的な技術やビジネスモデルとベンチャースピリッツ、さらには我々のお客様である大企業や政府機関、金融機関の社会インフラサービスを、掛け合わせWIN-WIN-WINを実現することで、世界が持続可能になる新しい社会インフラとなるソリューションを創発できると、信じています。