新規導入のご紹介|新興出版社啓林館さま

情報発信ツールとしてLINEを開設運用される企業さまや団体さまへの、弊社ソリューション事例をご紹介させていただきます。

 

|新興出版社啓林館さま

   

実際のLINEサービスをご確認いただく場合はこちら
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
友だち追加

 

導入内容
・チャットボットシステム(ConciergeU)
・コンテンツシェアリングシステム(CoMSB)
・上記に付随する制作業務

 

新興出版社啓林館は、検定教科書や学習参考書や児童向け図書等を幅広く出版している教育系出版社です。
従来からの広報活動やマーケティング活動に加えて、同社の書籍を利用するお子さまやその親御さまとの直接的な接点開発のために、この5月よりLINEを開設・運用をスタートしています。

LINEの運用というと、どうしても自社商品の販促メッセージが主体と思われがちですが、同社ではそういったことは行わず、お子さまや親御さまの学習の参考となる情報や話題を提供することを中心に運用を行っています。

コンテンツシェアリングシステム「CoMSB」を利用し、教育関連の良質な話題をLINEを通じてチャット形式で提供する「学びニュース」や、学習レベルに応じた教材をソムリエのように案内する「教材ソムリエ」を提供しています。

また、LINEで簡単に答えられるアンケートなども定期的に行なっており、ユーザーの声に基づいた商品開発につなげる試みもスタートしています。